Parasitic Plants

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< けいたい | main | しゃかいじんって >>

がっこうとせんせい

教室で うつむいているのが当たり前で
自分が思っていることをまともに話せなくて
だからたまに頑張って絞り出す一言はひねくれてて
いつも不機嫌そうなぶすっとした顔しかできなくて
教室にいるのがしんどくて、でも抜けると戻れなくなりそうで怖くて
ああ、中学校の時ってずっとそんな気持ちだった。
久しぶりに思い出した。

皆が当たり前のように休み時間を過ごしたりとか
色んな学校行事で一緒に活動することとか
そんなことが楽しくなくて、なんで自分は違うんだろうって思ってた
そういう時期もあったなあ。
一緒に笑ったり何かしたりしたかったのに、できなかった。
ちゃんと混ざることが出来なかった。楽しめなかった。
もったいない、と思うけど、しかたない。
でもいまこうやって振りかえることが出来るのは本当に幸せだと思う。


高校に入って、一緒にいてくれる友達がいるのは本当にしあわせで。
自分が思っていることを話せる、受け止めてもらえる、
一緒にいてくれる、というより、一緒にいるのが当たり前で
それが本当にしあわせだった。
クラスの一員でいる実感がもてた。
せいとかいでも最初はどうしたらいいかわからなかったけど
がんばることで認めてもらえる気がして、それがかなり自信につながった。


それから大学に入って、サークルでいろいろして、バイトして、今に至るわけだけども。
あーなんていうかあの頃よりぐっと愛想のいい人間になれた気がする。
自分ではそんなつもりないけどやたら笑ってるらしい。へんなの。
だって、しあわせだもの。
自分がいる場所がある、話せる相手がいる、受け止めてくれる人がいる、
そのことだけでしあわせだなあと思う。
だから笑うことが出来るのだと思う。
学校が充実するにつれ、こっちでの日記は書かなくなったね。
ちゃんと聞いてくれる人がいるから。話せるようになったから。


中3のときの担任の先生、すごく印象に残ってる。
最初はあんなに大嫌いだったのになあ。数学もきらいだしな。
くせが強い先生だったし、みんななんだあれっていうかんじだったけど
きっと本当に嫌いな人はいなかったんじゃないだろうか、といま思う。
いままで出会った先生の中で、一番会いたい。
あの先生も多分器用な方ではないのだけれどそれが心地よかった。

きょういくそうだんというなの二者面談、
あのときはまだつんけんしてたので、先生と二人で向き合ってからも
なにも話すことないですけど、と言わんばかりにむすっとしてたけど
せんせいがじぶんのことをぽつりぽつりと語ってくれて
それが印象に残ってる。なんていうか、有難かった。

卒業式のときに言われた言葉、なんだったかなあ。
なにかすごく嬉しかったような気がする、だけど忘れてしまった。
いま私はこういう大人になったんですよ、って話したい。会いたい。
ちゅうがっこうにも教育実習で行ったんですよ、って。
いまはじゅくのせんせいなんかしてるんですけどね、って。
今どこにいるんだろうなあ。


そんなせんせいになりたい、と思う。
| permalink | - | - | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |
ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVIES